社員研修をするなら外部に任せる!理由は3つ!

社員研修を外部に任せると中身ある研修にすることができる!

社員研修を外部に任せる場合は専門家ならではの中身がある研修を受けることができます。研修とは、知識や技能を学ぶために行われますが、新人や幹部等の研修を受ける人による分類や、業界や業種による分類ができ、内容を濃くするためには内容に精通した人が行う必要があります。専門家は研修することを仕事としていますので、中身を充実させることができます。極論ですが、新人研修の際幹部研修の内容にしては意味がありませんし、IT業界研修の際小売業界研修をしては意味がありません。研修を行う専門家は最新の研修ノウハウ・知識や技術を日々研究していて、自社で研修するより効果が高い研修をしてくれることが期待できます。研修を受ける人に最適な内容で効率的な進行で研修をしてくれることでしょう。

社員研修を外部に任せると公平性が保て研修コスト削減になる!

社員研修を外部に任せる場合、公平性が保つことができます。自社で研修を行う場合研修を行う人と研修を受ける人は顔見知りの場合があります。例え顔見知りでなかったとしても後の人間関係を考えて公平性を保つことができにくくなり、研修の効果を弱くしてしまうことが考えられます。研修で公平性を保ち厳しくすることは研修を受ける人のためでもあります。また、社員研修を外部に任せる場合はコスト削減ができます。社員研修を自社で行う場合は専用の部署の設立が必要になり、オフィスや設備・スタッフの用意が必要になります。スタッフはより良い研修をするために更に外部研修を受けたりする必要もあり、トータルで考えたら、必要な時に、社員研修に精通した会社に任せた方が安く済むケースが少なくないです。